1. ホーム
  2. 海・湖のアクティビティ
  3. ≫ウェイクボードの魅力と楽しみ方

ウェイクボードの魅力と楽しみ方

wakeboard550

水上をスノーボードで滑るような感覚を体験できるウェイクボードは、マリンアクティビティの中でも定番となっていて人気があります。
ウェイクボードは専用のボードに乗った状態でモーターボートや水上バイクで引っ張ってもらうことが特徴ですが、水上スキーとは異なりボートで波を作る必要があります。
波を作るトーイングボートを利用しながら滑ることで、ジャンプ、スラローム、クラブと呼ばれる技を行えるようになります。
初心者の場合、まずはウェイクボードの上に立てるようになるまでの練習が必要ですが、スクールが開催されているので参加すれば1日で滑ることができるようになると言われています。
ウェイクボードは、初心者の場合は時速20kmから30kmのスピードで引っ張ってもらいますが、上級者は時速35kmで滑ることもあり、スピード感のあるマリンアクティビティとして人気です。

ウェイクボードを楽しむことができるスポットは日本国内でも海外でも非常に多くあり、日本国内なら沖縄のビーチや千葉県、神奈川県、滋賀県の琵琶湖や山梨県の山中湖などが挙げられます。
その他にも東京でも荒川や江戸川などの河川でウェイクボードを体験できる所があります。
海外で人気があるスポットとしてはタイのプーケットやバリ島、ハワイなどがあり、場所によっては1年中楽しむことができるマリンアクティビティとして大変人気があります。

マリンアクティビティの中でもウェイクボードは比較的リーズナブルな料金設定となっていることが特徴で、3000円台から体験できるスポットもあります。
多くの場合3000円台、4000円台から8000円くらいの料金でウェイクボードを楽しむことができ、一人でも参加できるので気軽にチャレンジすることが可能です。
団体でウェイクボードをする時には、ボートを貸切にしてたっぷりとウェイクボードを体験することができる場所もあるので、利用を検討してみてはいかがでしょうか?